2009年6月アーカイブ

今月はかなりいろんなFlashセミナー系集いに参加。




UNIQLO カレンダー

| コメント(0) | トラックバック(0)


見てて楽しい。レンズほすぃなあ(^^;
ネットはかなりあちこち見たけど結局決めたのは地元にある不動産屋。
選び方とか基準は人それぞれだろうから、あくまで個人的主観を書いてみる。

地元は何軒かいったけど物件を見に連れって行ってくれる。
とくに予約などしなくて飛び込みでも。
ちゃんと見て決めたいのでここは当然ポイント高し。
というよりネットで地元にない店の中には物件を見学したいという
連絡をして足を運んでいるにもかかわらず物件見学まで行く気のないひどい店もあった。
大抵コンサルのような感じで、なんだかんだ言われるのだが時間が無駄に感じたこともある。
このへん営業の個人の人柄の差も大いにあるだろうけど。
敷金とか礼金はこのあたりだと2,2が相場とか結構適当なこともいわれる。
他の不動産回ってるとこのあたり嘘か本当かそれなりにわかってきます。
住みたい場所と不動産屋の場所が離れている場合結構要注意。
そのほか後付で家賃が上がるとかいわれて断ったこともあり。
気分悪いし、後々いやだしね。
周りの意見もやめた方が良いといった感じでした。

今回おしりが決まってなかったんで
じっくり考えて構えられたけど,探す期間短い事情とかだと
面倒になって決めてしまうケースもあるんだろうなあ。


Flashのデバッグ

| コメント(0) | トラックバック(0)


debug1.jpg

重いのが難点ですが個々最近かなり使ってるのがパブリッシュ時のデバッグ。
Windowsの場合Ctrl + Enterが通常のパブリッシュでscriptうまくいかないときは
traceしてみたりがよくやってたパターン。
これだとObjectの中身見るのとか面倒。
Progressionのjp.nium.ObjectUtil.toString()とかで中身traceとかやるのも便利で使うけど
怪しい箇所にブレークポイント打ってその行のときのあちこちの値みたりステップ実行とかできたりと複雑なソースはCtrl+Shift+Enterのデバッグだとかなり原因究明に役立ちます。
あと子SWFのデバッグのやりかたとかで一瞬悩んだけどCtrl+Shift+Enterで書き出されるswfは
デバッグ用なので(故にファイルサイズもでかくなるんで本番アップはしないように)子swfはデバッグ用にしておいて親SWFのデバッグをすればOK。この辺プロジェクトとかで一括処理できないかしら?

というのがFlashCS4でのやり方だけどFlexとかはもっとデバッグ楽なのかなあ。
あとFlash用のデバッグツールで
De MonsterDebuggerとかちょっとつかってみたけど良さ気でした。 なんか他にDisplayObjectの階層見れるいい方法ないかなあ。FlashのデバッガとかでもaddchildしたSpriteとかMCに中は見れないのはなぜだろう。
最近かなり落ち着いてきましたが4~5月はかなりいろいろ目白押しでした。

  • 町屋へ引越し
  • PhotobackLifeリリース
  • F-siteセミナーデモ準備
  • POGドラフト
  • 0泊3日ツアー
ざっとこんな感じでしょうか。

引越しはかなりのウェイト。いろいろ買わねばならんものあったし。
ざっとあげると冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、自転車、布団。
そのほか細かいもの色々。あとは電子レンジかなあ。
しかし二トリって安いですねー。ニトリすでに一ヶ月で三回いってます。
IKEAもいったんですが欲しいと思ったもののほとんどが大きめのサイズで
残念な感じ。人間贅沢になるからかもっと広いところに住みたくなってしまいます(笑
とかなんとか考えますが新居は結構快適だったりします。
町屋はいろいろ飲み食いするところがあるんで
グルメ情報でも少しづつやっていきたいなと。

PhotobackLifeは5月中旬になんとかリリース。Photobackの大きめ(A5)のサイズです。
それにしてもMacOS10.3だとFlashPlayer10もインストールもできないんですねえ。
この辺対応できないもんなのかなあ。

F-siteセミナー、コネタといえどもあれこれ考えて準備の時間に結構追われていました。
でものネタはこちら
このサンプルさらに発展させてなんか作っていこうかなと思ってます。

POG(ペーパーオーナーゲーム)のドラフト準備もそこそこかかりました。
なんせうちのPOGは25頭指名しなければならんので(^^;
3歳期待のトライアンフマーチがダービーで着外だったので
かなり厳しくなってきました。

0泊3日ツアーは遊びですが、プライベートも遊びもできるだけやろうと思ったんで。
いってよかったです。目的地は明治村だったんですが
素晴らしい岐阜の坂折棚田の朝の景色がみれたり
ヒトツバタゴの自生地を見れたりもりだくさんでした。
参加してよかったなあ。

そのほかでも食事会、飲み会、関西からきた友人と数人で浅草~浜離宮撮影散歩などなど
いろいろあって多忙だったけど
それだけ充実していたって感じですかね。


こんなサンプル使ったデモをしました。 左の四角に写真をローカルから読み込ませたり人を配置したりお絵かきしたりできます。 絵はボタンを押すと書ける状態になります(ちょっとわかりにくい) プレビューボタンを押せば左側の内容が右側にキャプチャされ 保存を押すと画像を作成します。 ソースなどはf-siteの方のリンクからダウンロードできます。
F-siteセミナーいってきました。

demo1:メタルレッド×カヤック「Flashによる広告系Webサイト事例」
demo2:野中氏&田中氏&桜井氏&小野田氏「Adobe Flash CS4 使いこなし大喜利」
demo3:山村浩二氏「ヤマムラアニメーションの制作現場」 

運営スタッフとして手伝いもしたけど 今回はなんといってもデモする立場。
demo2:野中氏&田中氏&桜井氏&小野田氏「Adobe Flash CS4 使いこなし大喜利」

持ち時間10分の大喜利なのであまり詰め込み過ぎず
すこしでも笑いがとれればという感じでのぞみました。
いろいろ反省すべき点もあったし、毎度ながらかなり緊張したけど
それなりに笑ってもらえて何人かの人に面白かったと言ってもらえたので良かった。
自分の顔写真とか使ったのもよかったかも。
やっぱりこういう機会って必要だしためになるなと改めて実感。
デモの内容はFileReference.save()を使った子ネタ。詳細は後日あらためて。