2011年8月アーカイブ

3ヶ月くらいiPhone開発に関わったときに役立った本を紹介してみます。

UIKitはiPhoneアプリ開発においてはほぼ使うことになるので非常に役に立っています。リファレンス形式なので使う時にその項目を見て使うというやり方ができて開発時にたすかったことも多々ありますし勉強にもなります。


iOS4プログラミングブック

iOS4プログラミングブック
著者:畑圭輔
価格:2,940円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

販売当時は日本ではiOS4について書かれた本がなくて凄く便利でした。今後はiOS5になっていくのでしょうがiOS4で提供されたFrameworkなどがまとまっているので人によっては今でも十分おすすめできると思います。解像度の話やBlock,AssetLibrary,GrandCentralDispatchなどなど実際の開発にもかなり約にたちました。