2011年9月アーカイブ

dsc_3356.jpg

大沼プリンスの朝食。山川牧場の瓶牛乳が美味しくイカなどその土地の名物が食べれてすごくよかった。

あまり天気は良くなかったが札幌へ向って出発。高速に乗って黒松内まで移動。ニセコの新仙沼を目指すが昆布をすぎて湯の川という場所でyunocafeという看板を発見。廃校になった小学校の跡地を利用して家具などの工房湯ノ里デスクとyunocafeがある。
カフェでみた家具が素敵で本立てを買ってしまった。そのあと作業場として使っている体育館だった場所など見学させてもらえて得した気分。
ニセコパノラマラインを神仙沼へ向うが途中通行止めのため残念ながらいけず。
お腹もすいてHOに乗っていたコロッケがうまいというじゃが太へ。

そのあとは中山峠で休憩をしつつ混んでる道を通って札幌駅そばの京王プラザホテルへ。ヨメの親戚にあうため電車で北広島へ。夜は寿司。美味しい蟹もたべさせていただきました。

dsc_3337.jpg

夏休みの北海道旅行。今年は初めての電車での北海道上陸。7:30に自宅を出発し大宮で8:50分頃発の新幹線はやてで新青森へ。トクダ値切符というものを買ってたので通常の20%引きくらいの値段だし長距離ということもありグリーン車で。席の間隔も広いし飲み物のサービスもあって非常に快適に新青森へ12時半頃到着。
 新青森からは特急白鳥で函館へ向うのだが昼飯の時間を多めにとったので二時間半ほどの滞在時間があり事前に目を付けていた長尾中華そばへ。長尾中華そばは新青森駅から歩いて12〜15分ほどの場所にある。幸いならぶこともなく店内へ。種類がたくさんあって悩んだがOPENから進化し続ける味で店主おすすめとかいてあったこく煮干しラーメンを食べることに。煮干しが非常にきいていて飽きのこない美味しいスープ。麺は三種類から選べて手打ち麺にしたがちょっと好みよりは柔らかかったかな。今度食べる機会があれば中太麺にしようかと。ヨメ様はあまり食欲がなくとろろ飯を注文。長芋、煮干しだし津軽味噌に温泉玉子ののったとろろごはんは今まで食べたことのない味で食べやすく美味しかった。さらにめったに来れない場所なのでチャーハンも注文したがこれまたかなりの美味しさで大満足。
 新青森駅に戻り駅に併設されているカフェにいこうかと思ったが時間があまりないので土産売り場でアップルパイを買って白鳥に乗車。こちらは駅レンタカーとセットのプランでお得な切符。特急の方もグリーン車にしたが東北新幹線と比べると大分おとるのは仕方ないところか。一号車の一部だけがグリーン車だったので電車の汽笛がちょっとうるさかった。(トンネンルにはいるたびに汽笛をならすのでかなり気になる)。大きい声で話してる二人組の男性もちょっとうるさかったなあ。そのうち寝ちゃったけど今度はすごいイビキをかいてたw
東北の北のほうの景色はかなり寂しい感じの雰囲気で駅がいくつかあって青函トンネルを通過し北海道の最初の駅は木古内。その後は海沿いに函館へと行った感じ。二時間ちょっとで函館へ到着。ちょっと一休みしたかったので駅でレンタカーをかりて車で5分ほどのハルジョオン・ヒメジョオン LEAVES函館店へ。お店に入りお茶のみというと二階のほうがおすすめとのことで二階の大手町リーヴズというお店へ。1階も2階も素敵な雰囲気の蔵を改装したようなお店でした。
 一息ついたあとは晩ご飯に目を付けていた回転寿し函太郎の五稜郭店へ。家族連れが結構ならんでたので結構まつかなと思ったらちょうどカウンターがあいていたようですぐに席へ。中トロをまっさきに注文したらこれが絶品!今日のおすすめの生サーモン、炙りサーモン、秋刀魚と頼む。秋刀魚と炙りもかなりうまい。残念ながら生サーモンは売切れだったが代わりに普通のサーモンを頼んだらこれでも十分な甘さ。イカも食べれて大満足。最後に頼んだ炙りトロは美味しかったがそれまで食べたものほどの満足感はなかった。車だったのでお酒がなかったことと昼に結構食べたこともあて二人で2400円ほどのお値段とすごくリーズナブルで満足できる内容。
 函太郎のあとはこの日の宿、大沼プリンスホテルへ移動。大沼は函館から30分ちょっとでつく場所。ホテルは森の中にあると行った感じで雰囲気もよく温泉もあるのがうれしい。露天風呂からは外の池が見えてその向こうにキツネがいるのが見えた。温泉も肌がすべすべになっていい感じで満足な一日が終了。

1

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。