[旅日記]2014.1青春18きっぷの旅(宇都宮・黒磯/栃木の旅)

user-pic
0

1月の正月休みの青春18きっぷの旅。今回の最大の目的は黒磯の1988SHOZOというちょうど一年前の年末と同じ目的の旅。一年前は年末すぎて営業しているお店が少なかったということを反省して今回は正月の三が日を過ぎてから日で行くことに。
 昨年同様に宇都宮まで移動してお昼。今年はCafe Marioという古民家のカフェへ。途中でお昼の候補の一つにしていた餃子店"正嗣 宮島店"の様子を見たらすごい行列だったので迷わずMarioへ。ちなみに正嗣のすぐそばには"みんみん"の本店もありそちらも行列。


JR宇都宮駅からは歩いて30分のCafeMario。歩くなら東武線の宇都宮駅からのが近そうです。

店内はかなり広々で女子率高め。CafeMarioはジンジャーを売りにしているようでメニューはほとんどジンジャーという名がついている。ポークジンジャーつまりは豚の生姜焼きをいただいた。美味しかったがヨメ様が食べてい野菜ジンジャーカレーと比べると若干寂しい感じ。

食後にいただいたキャラメルラテ。
CafeMarioの後は大通りに出てそこからバスでJRの宇都宮駅へ移動。宇都宮から黒磯まで宇都宮線で移動。黒磯駅直前で電車がしばらく止まるハプニングもなんとか駅に到着。
SHOZOに行く前にカネルブレッドというわりと新しくできた駅前のお店によってパンをいくつか購入。お店の雰囲気も店員の方の感じもすごく良くてなによりパンが美味しかったこともあってまた食べたいなあと思いました。
 1988SHOZOへは歩いて15分ほど。お店にお客さんは結構いたけど並ぶことなく席につくことができた。


カボチャのプリンと木の実のタルトそして珈琲。毎度のことながらとても美味しい。帰りにスコーンを買って黒磯駅まで戻り宇都宮まで電車で移動。

お昼に餃子が食べれなかったのでなんとしても餃子をと思い駅近くで目につけていた餃天堂というお店へ。駅前で席数は少ない店だけどちょうどあいていてすぐ入れた。焼き餃子と水餃子を注文。


こちらの餃子は皮に餅米を使ったモチモチ餃子。マヨネーズと七味と一緒に食べるのがお店のおすすめ。ペロッと美味しく食べれた。醤油をつけてたべても美味しい。


水餃子は皮にほうれん草を使っているらしく緑色。ラー油をいれてたべるのがおすすめとのことでした。ここの餃子は皮のモチモチ感がたまらなく肉汁もはじけるほどでかなり気に入りました。場所も駅前だしまた食べに来たいところ。その他肉まんもおいしそうだったけどお腹いっぱいで次回の宿題ということで。

宇都宮の後は古河のカフェOcha-Novaへ行こうかと思っていたけどヨメ様の調子も悪くなったので無理せず帰宅。グリーン車で快適に帰る。。はずだったけど横揺れが結構はげしく思いのほか乗り心地がよくなかった。車両のせいか路線のせいかは謎。この日の交通費は5600円ほど。18きっぷのノルマ(11500円/5 = 2300円)は余裕で突破。

[宇都宮]
CafeMario
栃木県宇都宮市昭和2-9-20

餃天堂
栃木県宇都宮市駅前通り3-3-2

[黒磯]
カネルブレッド
栃木県那須塩原市本町5-2

1988SHOZO
栃木県那須塩原市高砂町6-6

[次回の課題]
Ocha-Nova(カフェ、古河)
正嗣(餃子、宇都宮)
みんみん本店(餃子、宇都宮)






Check

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.infective.jp/mt5/mt-tb.cgi/582

このブログ記事について

このページは、Kazutaka2014年2月16日 17:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[旅日記]2014.1青春18きっぷの旅(勝田〜水戸〜結城/茨城の旅)」です。

次のブログ記事は「[旅日記]2014.1青春18きっぷの旅(高崎線半日旅)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。